借金を相手に打ち明けるタイミングは早いほどいい

借金の問題は自分ひとりで解決し、周りには迷惑をかけたくないものです。しかし自分の借金のおかげで家族に迷惑をかける状況にあるなら、もはや自分ごとでは片付けられません。借金は思い切って打ち明けることで気持ちが楽になりますし、何らかの解決法が見つかる可能性があります。

自分ひとりで抱え込まないことが早期解決のコツです。


家族に迷惑をかける状況になったら注意

住宅ローンや自動車ローン・教育ローンなどの目的ローンの場合、家族に相談してから契約するはずです。例えば家族に内緒で住宅ローンを組んだという話はほとんど聞かれません。一般的に家族に打ち明ける必要性のある借金は、キャッシングや友人からの借入などでしょう。

個人消費のために借入をして、自身の返済能力でコツコツ返済している分にはまったく問題ありませんが、返済が逼迫して家計に影響を与えるような状況は困ります。

お小遣いで返済ができない状態まで借金が膨らんでしまうと、他社借入をして借金返済に充てるという方が多いはずです。しかし借金返済のためにローンを利用する方法は、結果的にもっと債務を増やすことになります。借金返済の目処が立たず、かつ家計に打撃を与える状況が迫っている場合は早めに相談する必要があります。

自分の借金は家計の借金とも言えるため、放置しておくのは不誠実です。借金を延滞している状況なら遅延損害金が発生し、ますます債務は増えていくでしょう。お金の問題は自分ひとりで悩むよりも、家族全員で話し合ったほうが良策が出ることが多いです。

借金の返済計画が立たない場合は、今すぐに相談するのがおすすめです。

個人用途のローンは基本的に打ち明ける必要はなし

キャッシングは原則として個人用途向けのローンであり、金融機関側は家族や会社に利用がバレないように配慮してくれます。借金をしたら家族に打ち明ける必要があると考えるかもしれませんが、自分で返済できる借り方をしている以上はその必要はありません。

個人の自由ですし自己責任の問題ですから、家族や友人から聞かれても答える必要はないです。打ち明ける必要がある状況というのは、新たに金融機関から借入をするときです。

信用情報は金融機関各社が閲覧可能なため、借入総額・借入件数を偽ってもバレてしまいます。

家族にはキャッシングの利用を隠していても、金融機関には正しく伝えておいてください。

家族のためにローンを利用する場合は相談を

自分の返済能力の範囲でキャッシングを利用している分には、完全なるプライバシーの問題です。しかし生活費や教育資金調達のための借金ならば、家族に相談しておくのが得策だと言えます。キャッシングで家計をサポートしている現実を家族が知れば、節約意識を持ってくれるはずです。

自分ひとりで節約するよりも、家族全員で行ったほうがずっと効率的でしょう。ほとんどの方は借金が増えて返済が厳しくなってから相談しますが、理想は借金をする前です。家計は常に安定するものではなく、出費が収入を超えて赤字になる時期もありえます。

働き盛りの年代は収入が多くなる反面、住宅ローンや教育費などで家計がマイナスになりやすいです。貯金でカバーできる状況を超えているなら、一時的にローンで現金調達をするのは悪くはありません。注意したいのは家計管理を徹底せずにローンを利用して返済が厳しくなる状況です。

安全な返済計画を立てるためには家族全員で話し合った上で、全員が節約意識を共有する必要があります。借金のことを打ち明けるのは勇気がいりますが、タイミングが遅くなるほど言い出しにくくなります。お金の問題はデリケートだからこそ、隠さず速やかに相談する必要があるのです。

結婚する前には借金状況をパートナーに打ち明けよう

絶対に借金を打ち明けたほうがいい状況はパートナーとの結婚を考えたときです。借金を隠しながら婚活をして、結婚後に借金が発覚して大問題になったという話は少なくありません。恋人同士なら借金を隠しておくのはありですが、夫婦の場合は互いの借金は家族の借金と考える必要があります。

例えば夫の借金返済で月に5万円が飛んでいく場合、借金がなければ生活費または貯金に5万円を回せるわけです。小遣いの範囲で返済可能で家計には一切支障がないと言い切れる場合を除いて、パートナーには打ち明けておく必要があるでしょう。

借金を隠して結婚をしても、毎日一緒にいればバレてしまうケースは多いです。

例えば毎月自宅に送付されてくるキャッシングの紙明細を家族に見られてしまったという話は多いです。また延滞すると固定電話や携帯電話にすぐに連絡がくるため、会話内容を聞かれてバレるケースもあります。毎日バレるリスクを考えてビクビクして生活するくらいなら、思い切って打ち明けたほうが楽になります。

パートナーに借金の相談をせずに結婚すると、軽視されていると思われかねないです。借金が離婚の原因となるのは昔も今も変わりありません。相談をするときは具体的な借金総額・借入件数に加えて、いつまでに完済できるのか伝えておきましょう。

毎月の返済額の分だけ収入が減るわけですから、問題なく生活できるかパートナーと話し合う必要があります。

打ち明けるタイミングで迷っているなら今がベスト

日本人は借金は悪いものと考えている方が多く、特にキャッシングやカードローンは該当するはずです。こうした背景にはテレビドラマの影響もあり、消費者金融はすべて悪徳業者と考えている方は実際にいます。ローンの利用を内緒にしたいのはみな同じですが、打ち明ける必要性のある借金問題を先延ばしにしてはいけません。

放置するほど言い出すのが難しくなるので、今すぐに相談するのがベストです。今すぐが難しいという方は家族の機嫌がよいタイミングを見つけて打ち明けるとよいでしょう。

借金の延滞をしている、債務整理を弁護士に依頼した、などの状況にあるならバレる可能性は極めて高いです。早めに家族に相談しておけば延滞・債務整理などを回避できるかもしれません。無利息で親が借金返済資金を貸してくれたという話もあります。

借金を長期延滞すると債権者から一括請求を要求されたり、勤務先に連絡が行ったりする場合があります。

給与差し押さえ手続きをされると会社に借金のことがバレますから、そうなる前に対策する必要があるわけです。借金が原因でいずれ家族に迷惑をかけてしまう、返済する目処がまったく立たないという場合は、早めの相談をおすすめします。